当店のタイヤ組み換え時の作業ポイント②

 

当店でのタイヤ組み換え時の作業ポイントを何回かに分けてご紹介させていただきます。

今回は2回目となります。

タイヤクリエイターで新しいタイヤに組み替える場合、ホイールに付いているビート跡(タイヤかす)を除去する作業の流れをお知らせします。


ビート跡(タイヤかす)は、通常、なかなかお客様が目にすることは少ないのではないかと思います。愛車に付いているホイールとタイヤはいつもくっついているのでホイールの状態を見ることはないと思いますが、タイヤを組み換える際にホイールから外してみると、多かれ少なかれ次の写真のような黒いタイヤかすが付着しています。

 

このタイヤカスをそのままにして新しいタイヤに組み換えを行うと、ホイールとタイヤに隙間ができて、空気漏れを起こすことがあります。新しいタイヤにしたのに、次の日に車を見るとタイヤがぺったんこというのは、この状態のホイールに新しいタイヤを組みかえると発生することがあるのです。空気を入れるバルブからの空気漏れもありますが・・・

この状態のホイールを、まずタイヤクリエイターでは順を追って次の写真のようにいたします。

 

 


 

このようにきれいにした後で、新しいタイヤに組み換えすることとなります。
このような一連の作業は、当店でタイヤ組み換え作業をご依頼いただいた場合は、必ず実施しております。この作業は料金の中に入っております。

当店でのタイヤ組み換え時の作業ポイント②でした。また次回。

 

カーナビ持ち込み取り付け、ドライブレコーダー取り付け、エアロ持ち込み取り付けなど、どんどん持ち込んでください。じゃんじゃんご相談ください。

インターネットのショッピングサイトでは、年末に向けてポイントアップセールを実施しているようです。しかもこの時期は夏タイヤが結構格安で買えるような感じです。この時期にサイズの大きい夏タイヤをインターネットでご購入され、そのタイヤをタイヤクリエイターで取り付けされ、インターネットで付いたポイントを使って他の商品をご購入されてはいかがでしょうか?年末年始のインターネットのセールでカー用品をどんどんお買い上げいただき、持ち込んでください。喜んで取り付けさせていただきます。

 

特価商品ページもご覧ください。軽四用ブリヂストンVRXが超特価です。他店とお比べください。

 

 

2018年12月19日